読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーママの好きなものブログ

好きなものを好きなだけ披露していくブログ

読書:美輪明宏「乙女の教室」

読書:美輪明宏「乙女の教室」

 

よく読んでいた、美輪明宏「乙女の教室」。

昔はスピリチュアルなものや、話し方やマナーなど、自分を高めることができるものが好きで、集めていました。

色々と読んでいた中でも、わたしが感銘を受けた本が、美輪明宏さんが書いた、「乙女の教室」です。

私がこの本を好きな理由は、作法などではなくて、女性としてどのような心の持ち方をすれば良いのか、ということが書かれている点です。

例にあげてみると、

「美しい言葉を使いましょう。」と。


口から宝石や花を出すのか、それとも、ヘビやカエルを出すのか


最近、若者言葉などで、ウザい!やウケるー!が口癖だった私は、ここを読んでハッ!としました。
イメージな湧きやすい言葉を使ってくれているのがわかります。

あとは、いつも微笑んでいましょう。という章です。


いつも微笑んでいる人を、嫌いな人はいません。だれも傷つけようとはしません。美輪さんの言うとおり、笑う門には福来たると言う言葉をしっかりと、胸に刻み込んだ瞬間でした。

そして、1番好きな章は、
他人とは腹6分で付き合いましょう。という章です。
何もかも見せ合い、愚痴ったりしながら、もたれ合う関係は、絶対に長続きしません。
腹6分目がちょうど良いと言うことです。

この本には、女性として、どう生きていかなければならないのかを考えさせられました。