読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーママの好きなものブログ

好きなものを好きなだけ披露していくブログ

小説感想:マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」

マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」。

 

最近読み直す機会がありました。

 

先に映画をビデオで見たことから、

原作を読んでみたいと思い、本を手に取りました。


文庫本で全5巻とボリュームがありますが、

グイグイ惹き付ける魅力があるので読みやすいです。


私が好きな理由は、主人公の

スカーレット・オハラは勝気で我儘ですが、

人生の困難を乗り越えていくさまは爽快だから。


10代の頃に映画を見た時に感じた印象と、

40代で本を読んだ時との印象が全く違う

のが自分でも驚きの点です。


10代の時はスカーレットの我儘さが

目立つように感じていましたが、

40代になるとたくましさに感銘を

受けるようになりました。


南北戦争を乗り越え、お嬢様がどん底の

経験を味わうも様々な問題を解決し、

経済的にのし上がっていきます。

 

併せて恋愛模様も描かれます。


この、経済状況の点では思い通りに

なったとしても、恋愛は思い通りに

なかなかいかないというところが

リアルで良いですね。

 

人生は全て思い通りにはいかず深いものなのです。


他にも多彩な脇役陣。

 

先に映画を見ているのでどうしても

キャストが頭に俳優が浮かんでしまう

のですが、渋くて魅力のあるレット・バトラー。

 

聖女のようにたおやかだけれど芯があるメラニー。

そして柔和なアシュレー。

他にも個性的な面々がスカーレットを支えます。


秋の夜長にまたじっくりと味わいたい本のひとつです。

 

風と共に去りぬ