読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーママの好きなものブログ

好きなものを好きなだけ披露していくブログ

読書感想:川口俊和著「コーヒーが冷めないうちに」

読書・小説

 

自分の家族・大切な人をもっと好きになる本

川口俊和著「コーヒーが冷めないうちに」

 

私が今まで読んだ中で大好きな本の一冊、川口俊和著「コーヒーが冷めないうちに」です。好きな理由は大好きなコーヒーがキーワードになっている小説というだけでなく、身近な人の大切さが身に染みて感じる本だからです。

今まで当然のように傍にいた人が、突然いなくなったらどうしますか?突然死んでしまったらどういう気持ちになりますか?とずっと自分に問いかけるストーリーでした。

読んでいて難しいと感じる場面はなく、場面が想像しやすく感情移入できる点も気に入っています。

涙が止まらなくなる場面が数か所あり、その度に本を閉じ、思いっきり泣くことができました。

中でも姉妹のお互いの気持ちを伝えられず、妹が事故で死んでしまった場面は、自分と姉に置き換え、感情移入してしまいました。

 

今もその場面を思い出すと涙がこぼれます。姉妹って、こんなもんだよね、と思いつつ、もっと優しく接していきたいという気持ちにさせられました。

想っていても口に出して伝えなければ、きっと数年先も後悔が残る。

そんな状況を回避するために、この本の中では淹れたてのコーヒーでタイムスリップします。

現実にはそんなことは絶対にありませんが、この現実の世界のどこかで、この喫茶店は実在しているかもしれないと思わせる、不思議な本でした。

 

私にとってこの本は、ファンタジー以上の存在です。